2022.05.16

ナットウキナーゼの効果で薄毛対策?効果的な摂取方法とは

腸内環境を良くすることは、健康面や育毛発毛環境を考えるときにとても重要。

そこで注目したいのが、「ナットウキナーゼ」です。今回はナットウキナーゼでの薄毛対策や脱毛症対策の効果と摂取方法をみていきましょう。

 

ナットウキナーゼの薄毛対策の効果とは

ナットウキナーゼとは、納豆の納豆菌に含まれている酵素のことで、納豆を食べた時のネバネバの部分です。

たんぱく質を分解する役割があります。身体への影響としては、血栓を溶かしてくれる効果が期待できます。

血流がよくなることで、髪へ栄養が行き届きやすくなり、健康的な髪が発毛しやすくなるでしょう。

 

また、ナットウキナーゼが含まれている納豆菌には、血液をサラサラにして流れを良くする血流改善効果,腸内の善玉菌を増やし悪玉菌を減らす整腸作用(プロバイオティクス),カルシウムの吸収を促進して骨を強くする骨粗鬆症を予防する効果,そして菌の繁殖を抑える抗菌効果,抗酸化効果など多彩な健康効果があるといいます。

ナットウキナーゼを摂取するために納豆を食べることで、腸内環境はいつも善玉菌が多い状態となり、免疫力の向上とともに皮膚のバリア機能も向上し、細菌に侵されにくくなります。細菌性脱毛症になりにくい頭皮状況が出来るでしょう。

 

このようにナットウキナーゼを摂取することは、髪への栄養素を行き届けるための血流改善につながり、また納豆を食べてナットウキナーゼを摂取すれば、腸内環境の改善につながるので栄養素の吸収率があがり、結果的に薄毛対策の効果が期待できるでしょう。

 

ナットウキナーゼの摂取方法

取り入れるタイミングとしては、18時~0時の時間帯が効果的とされています。

また、水分が多くて50℃以上のものと一緒に摂取すると、活性が弱くなってしまうので注意が必要です。温かい食べ物との食べ合わせには注意しましょう。

 

納豆の匂いやネバネバが苦手な人は、醤油をかけて刻みノリを振り掛けて食べると匂いなどが気にならなくなります。

また、ナットウキナーゼは、納豆以外にサプリメントで摂取することも可能です。

 

まとめ

細菌性脱毛の予防や発毛ケアにおいて、腸内環境を善玉菌が多い健康な腸の状態にすることは重要なので、是非とも納豆とナットウキナーゼを毎夜摂るようにしてみましょう。

 

「世界発毛科学研究所」ワールドヘアサイエンス

フリーダイヤル 0120-77-3911

メールでの問合せはこちらへ(無料毛髪検査・発毛相談)

発毛理学博士 伊藤勝文

子供や女性の薄毛や脱毛症の発毛アドバイス

http://女性の薄毛脱毛症.com/

脱毛症の発毛を補助する医療用ウィツグは

http://女性のウィッグ.com/