2020.07.18

夏の薄毛・脱毛症の原因と予防法!一番危険なこの時期の発毛ニュース!!ワールドヘアサイエンスその3

一年の中でも薄毛や脱毛症は“梅雨から夏期に原因をつくる危険があります”!!

高温多湿そして、皮脂分泌や汗を多く出す気候は頭皮の育毛環境が最悪になります!

この時期は食欲が落ちて、水ものや清涼飲料水、麺類ばかり食べていませんか?

頭が痒いブツブツ湿疹がある”これは危険信号です!!

  育毛環境改善  

 食生活 毛髪の栄養は必須アミノ酸タンパクと必須ミネラルが絶対に必要です!

薄毛や脱毛症になるのは色々な原因がありますが大きな勘違いをし易いのが薄毛や脱毛症は頭皮だけに原因があるとおもってしまうことです

例えば、食生活で好き嫌いが多くて、嫌いなものが沢山あり必要なタンパク質を食べない事があると、その食べ物が必須アミノ酸や必須ミネラルを含んでいる場合は、健康面に大きな支障が起きてくることは必然です。

しかも、それが毛髪を造ることに必要なものでしたら、正常な毛髪は造られずに弱々しい髪になったり、毛髪が造られなくなりますから、全体がファファの細く弱々しいものになります。

さらに、発毛してくる毛髪の本数も少なくなり、長く伸びる事もありません。産毛のような髪が生えるか、全く生えないこともあります。

今でもアフリカや戦争、内戦がある地域では、実際に生きて行く上でも十分な栄養が取れない場合もあります。

そうした所では乳幼児は栄養失調で、毛髪は生えていない事もあります。

では日本は今豊かになっていますが栄養は足りているのでしょうか?

足りている筈、そんな栄養失調の人や子供は見たことが無いとほとんどの方はおっしゃると思います。

しかし、現実に薄毛や脱毛症で発毛ケアにいらっしゃる方達には、少なからずそうした問題があります。

先に必須アミノ酸と必須ミネラルのことを書きましたが、薄毛や脱毛症になる人の食生活を拝見しますと、薄毛や脱毛症の人は、ほとんどの方が残念ながら摂れていません。

その上に、合成食品添加物の入ったものを非常多く摂取しています。

これらを摂るとからだの中から大切な必須ミネラルなどが強制排泄されてしまいます。

また、ダイエットと称して太ることを気にして、小学生の女子の内から食事を抜くような危険なことをしています。

育ち盛りの子供は成長期にこうした食事を抜くようなことを続けていますと、身体に致命傷になることが起きることがあります。

拒食症は成長ホルモンや女性ホルモンなどが分泌されなくなり、成長が大きく阻害されます。

生理が来なくなったり、全部の毛髪が抜け落ちたりします。こうした脱毛症の発毛改善することはとても難しいことです。

そして、命を無くす危険がありますので、決して体重が極端に落ちていくような、食事を抜くダイエットはしないことです。

成人女性が40kgの体重より少なくなると身体に色々と異常が出てきます。

そのまま体重を増やすことをしないとからだや毛髪に深刻なダメージが現れて深刻な結果になる怖れがあります。

美しい毛髪は健康な身体で造られます。

健康な身体をつくるには良質な動物性たんぱく質と植物性たんぱく質の摂取は不可欠です。そしてビタミン、ミネラルの摂取を心掛けましょう。

 

 

世界発毛科学研究所

ワールドヘアサイエンス

フリーダイヤル 0120-77-3911

メールでの問合せはこちらへ

発毛専門理学博士 伊藤勝文   

http://毛髪相談.com/          

http://女性の薄毛脱毛症.com/