2019.05.28

薄毛治療 薄毛原因 ヘアスプレーやブラックパウダーの使用は問題です!?

薄毛の原因 ヘアスプレーにも問題があります!?

薄毛の問題としては、いつもヘアスプレーを使用する。

髪型を美しくキープしておくのにはなくてはならないものとなっているようです。

特に毛質が細いとかボリュームがほしいときや、出かけるときはしっかりヘアスブレーを掛けるようになると思います。

ヘアスプレーを使用する方は習慣になっていることが問題です。

ヘアスプレーには色々な種類が出ていますが、ソフトな髪型をキープするにはあまり強力な接着用剤が入っていませんが、カラースプレーに限らず接着剤などを溶かすためや、すぐにヘアスブレーで髪型を固定すするためにエチルアルコールが入っています。

アルコールは頭皮の角質にダメージを与えて乾燥させたりします。

また、頭皮を守っている頭部常在菌のバランスを崩し痒みや湿疹などを起こしたり、頭皮のバリヤー機能を壊します。

特に、頭皮にヘアスプレーが直接に掛かることはやめましょう。

ヘアスプレーを掛けないで済むならば使用しないようにしましょう。

どうしても使用するときは、ヘアスプレーは頭皮から10㎝くらいは離して噴霧して、毛髪だけに掛けるようにしましよう。

白髪を隠すためにカラースプレーをかける方がいますが、頭皮のバリア機能を壊さないような成分のものを使用して、外出から帰ったり用が済んだら出来る限り早くスプレー剤を洗い流しましょう。

ヘアスプレーは極力使用しないことです。

薄毛をカバーするのにカラースプレーや黒い粉ブラックパウダーや茶系のパウダーを頭皮に振り掛ける事がいますが、これはヘアスプレーよりももっと問題があります。

毛穴から振り掛けたパウダーが毛根のところまで入り込んでしまうことがあり、育毛を阻害する恐れがあります。

更にこうした粉のパウダーを一度振り掛けると何日もつけると洗髪をしないでいる方が少なからずいます。

パウダーもちょくちょく使用していると馬鹿にならないくらい費用がかかるためと毎日シャンプーをすることが面倒なこともあるようです。

しかし、この2つの行為が薄毛をさらに酷くしてしまう原因になります。

薄毛の育毛発毛促進技術をワールドヘアサイエンスで行えば、毛母細胞の活性ができますので、細毛を太くしたり毛量を多くし増毛をして、そして、毛周期を長くして薄毛の解消が出来ますので、薄毛ケアをしまょう。

 

 

 

「世界発毛科学研究所」

ワールドヘアサイエンス

フリダイヤル 0120-77-3911

メールでの問合せはこちらへ

発毛理学博士 伊藤勝文