2019.07.20

女性の薄毛発毛治療はワールドヘアサイエンス 薄毛の原因を理学発毛で改善!?

薄毛の女性は理学発毛ケアで薄毛治療 が出来ます!!

女性の薄毛は遺伝や皮膚病ではありません。発毛を諦める事はありません

ワールドヘアサイエンスの理学発毛ケアをすれば直ぐに発毛して、薄毛の解消が出来ます!

 最近は30代から薄毛になる女性を多く見かけます中には20代の方もいます

女性ホルモンは35歳くらいから衰えるといいますが、薄毛になる原因は色々と考えられます。

夜型生活、食生活、シャンプー剤、毛染めやパーマ、他・・・何気なくしていることの複合的な原因があるようです。

薄毛は生活習慣が大きく関係していることもあり、ヘアカウンセリングをして検証することが大切です。

気がついても一人では中々改善できないのが生活習慣ですので、ワールドヘアサイエンスで育毛ケアをすることが一番の改善の近道ですし、安心です。

女性の薄毛は、世界発毛科学研究所の理学育毛の薄毛治療により短期間で改善できます

 ①女性の薄毛治療 理学育毛発毛

短い抜け毛が多く抜けていませんか?

朝起きて枕やシーツに、沢山の短い髪が抜け落ちているようならば育毛をすることが必要です。

長い髪の抜け毛は一本でも目に付き気になりますが、実は短い抜け毛のほうが薄毛になることへのしるしです。

短い抜け毛が多く目立ったら直ぐに育毛をするようにしましょう。

通常でも50本から80本位は抜けるものですが、洗髪時に排水溝などに毛髪が多く溜まったり、枕カバーなどに抜け毛が目に付くようなときは、明らかに抜け毛の量は多くなっていると見た方が良いでしょう。

 ②女性の薄毛治療 理学育毛発毛 季節の変わり目は薄毛の原因があります

季節替わりや朝晩の温度差が大きいと身体が付いて行かないと言いますが、自律神経に負担が大きく掛かり食欲不振や不眠症などにもなったりします。

抜毛はこういうときに多くなります。季節替わりからくるストレスは身体が環境に慣れないところからくるので意外に抜け毛の原因が分かりません。

まずは体調の健康管理ということから考えて早寝早起きの生活リズムを基本として、毎夜の入浴で自律神経を休ませるようにしましょう。

内臓の冷えは免疫力の低下をもたらし、元気が出ない身体になります。

下痢気味の人や胃腸の弱っているこの時期は、朝は温かいお粥とみそ汁を飲むにすることをお薦めします。

お粥にシラスを乗せて食べたり、半熟卵なども食べやすく胃腸に負担をかけません。

シラスなどの小魚やタマゴは完全食品です。野菜も温野菜にするとビックリするくらいお腹が楽になります。

早く体調を回復しましょう。

  ③女性の薄毛治療 理学育毛発毛 薬用育毛剤は危険ですし、育毛効果はありません!

 薄毛で悩む女性は年々多くなっています。そんな中、相談することをためらって市販の育毛剤を買って、自分でケアを始めてしまう人も多いようです。

薬用とか医薬部外品だとかすごく効果があるという宣伝を鵜呑みにして、いきなり使用し続ける場合もあるようです。

しかし、チョット待ってください。その前にご自分の薄毛の原因を正しく知らなければ、かえって悪化することもあります。

医薬部外品や医薬品と言うものは化学物質を用いた対症療法が主体です。必ず副作用があります。

原因が分からないうちに闇雲に使用すれば、回復するよりもまた違った薄毛の原因を作ることになります。

薬用育毛剤には防腐剤のパラベンが入っているものがあります。

パラベンは石油合成のものです。発ガン性があるともいわれていますが、少なくとも頭皮の老化を早めると心配します。

育毛をするのに頭皮の老化を招いたのでは意味がありません。

パラベンの含有量を少なくしても、使用したくないものです。

薄毛は頭皮に異常があるというよりも、他に色々と原因がありそれが複合的に重なり薄毛を招いているものです。

  ④女性の薄毛治療 理学育毛発毛 和食は美髪の根源!

 何故日本女性は黒髪で美しいのか!?

みどりなす美しい黒髪は、東洋の黒真珠といわれ西洋人の憧れのものでした。

それは、”黒髪は神秘的で西洋人にはない謎の輝き” だからです!!

人間とはおかしなもので、特に日本人は昔から西洋カブレとが言う言葉があるように、海外のものに異常な好奇心と変な憧れを抱くようなところがあります。

それはファッションに留まらず、健康の基本である食生活まで真似をしようとします。

そのために肉食女子なる言葉まで出来ましたが、それと呼応して薄毛女子も多く増えました。

また安易な即席のカップラーメンや電子レンジでチンして、すぐに食べられるものを主食としてしまっている場合もあります。

即席めんやコンビニ弁当や出来合いのものは食品添加物が多量に入っていますので、それらを食べることにより元々自然の食物を摂っていないミネラル不足に、益々からだからミネラルが排泄されてしまいます。

今、このミネラル不足によることから低体温、冷え症やホルモンの分泌不足を招き薄毛の原因ともなっていることが考えられます。

天然だしの煮干や鰹、昆布、アゴなどの出しの活用によりミネラルの摂取をしましよう。

ダイエットや太らない方法といって朝食を抜いたり、一日一食が良いというテレビで公言する医師までいます。

また炭水化物は肥るからご飯を食べずに肉食ばかりで良いという方もいます。

しかしこれらの情報は健康面から言えば無茶苦茶です。

炭水化物は大切なエネルギー源です。とくに朝食と昼食にはご飯を食べましょう。

薄毛や脱毛症になる人は低体温の人が多く、若い女性でも35度台から36度あるかないかくらいです。

低体温の方は深部体温や脳内温度も低く、免疫力の低下やホルモンの分泌が乱れていることが多いようです。

手足が冷たいとか下痢や便秘を繰り返すことも特徴です。

朝は午前6時ごろ起床して30分後にご飯や味噌汁魚介類、漬物などの和食を摂りましょう。

味噌汁の出汁は鰹ぶし、アゴだし、昆布、煮干などの天然のものでつくりましょう。

豊富なこれらのミネラルが低体温の改善を促し、ホルモンの分泌も正常にスムーズにしてくれます。即席のインスタント出汁ではだめです。

薄毛は食生活の乱れや間違いが原因になることが多いのです。

  ⑤女性の薄毛治療 理学育毛発毛 食生活の間違い!

 ヨーグルト、牛乳、チーズ、肉で骨粗しょう症になる!

こんな事を言うとカルシウムを摂るには牛乳を飲めと教育されてきた人たちは、何を馬鹿なことを言ってるのかと思われることでしょう!!

(わが国の大規模調査による大腿骨頸部骨折の症例対照研究より抜粋)

 (出典:「老けない体」は骨で決まる」青春出版社より)  のデーター オッズ比が1より大きい場合は骨折のリスク増

ヨーグルトの食習慣(一日1杯以上) オッズ比 3.46

牛乳の飲用習慣(一日2杯以上) オッズ比 2.14

チーズの食習慣(一日1切れ以上) オッズ比 3.99

肉類の食習慣(週2回以上) オッズ比 1.59

コーヒーの多飲 (一日3杯以上) オッズ比 3.23

ヨーグルトや乳製品などを毎日飲んで入るとカルシウムは摂れるどころか、逆にからだからどんどん出て行って骨粗しょう症になり、大腿骨骨折により寝たきりになってしまうということです。

さらに、ヨーグルトは乳糖が小腸にたまり消化吸収を阻害するといいます。

また牛乳は日本人には乳糖を消化しない体質の人が多くのんでも下痢をしてしまうなど、元々日本人の食生活には牛乳などの乳製品は必要がなく、上記のように健康を害するものだったのです。

 ⑥女性の薄毛治療 理学育毛発毛 合成甘味料は危険です!

カロリーゼロ又はカロリーオフに注意!

カロリーゼロとかカロリーオフとか表示してあると、砂糖が入っていないから健康に良いと思っていませんか?

カロリーゼロでも甘いので飲みやすく、ペットボトル症候群の低血糖症にならないから良いと誰もが思ってしまいます。

しかし合成甘味料が入っていますので、免疫力をゼロにするものです。決して健康的な飲み物ではありません。

感染症などに掛かりやすくなり、薄毛や脱毛症の原因になる怖れがあります。

  女性の薄毛治療 理学育毛発毛 低体温体質の改善 -1

 冷え症と低体温体質は違います。

冷え症は手足が冷たく内臓は冷たくありません。

低体温体質は内臓が冷えていて免疫力の低下をもたらし、癌体質とも言われます。子宮筋腫の原因にもなりやすいとも言われます。

また、低体温体質は薄毛の原因になることが多いようです。

冷え症の方は食生活や嗜好品類を変えることでほとんど改善できますが、低体温体質は生活全般を見直すことが必要です。

夜型生活でいつも寝るのは午前0時ごろで、起床は午前7時半や8時過ぎで、朝食を食べなかったりご飯を食べずに生野菜だけを食べたりする生活をしている人は低体温体質になります。また、ほとんど運動をしない人、いつもシャワーばかりでお風呂入らない、ヘビースモーカーのかたも低体温体質になります。

低体温は身体が健康的に代謝が行われていないということですから、大変に危険な状態といえます。

人間の体温は、36.5度から36.7度くらいはなければなりません。

35度前後と言うのは病気になりやすい危険な体温です。

手っ取り早く低体温を正常に戻す方法は、ずばり内臓を温めるということなのですが、低温サウナで身体をゆっくり温める方法は短期間で改善できると思います。

高温サウナは身体に負担を掛けますし、低体温を改善する方法にはなりません。

低温サウナの低体温改善法は、最初暖かいお茶やお湯を飲み、お風呂に入ってじんわり汗ばんでから、低温サウナに入ります。(10分~15分)

そしてサウナで汗をかいてそのまま外に出て、自然に身体が冷え、汗が引くまでそのままでいます。(水風呂には決して入りません)

そして身体が冷えたら、もう一度低温サウナに入ります。2回目のときは最初のときの入る時間の半分くらいです。(5分~7分)

2回目はすぐに汗が出てきますので、かなり楽ですし、時間も最初の半分くらいでいいです。

またそとに出で自然に身体が冷えて汗が引くまでいます。

3回目は2回目の半分くらいでいいです。

その後身体を洗ったりシャワーをかけて終わりです。(内臓を温め汗をかくことを身体に教える訳です。)

これを一週間に2回、2週間4回くらい続ければすぐに低体温の改善は出来るとおもいます。

そして早寝早起きの習慣をして朝食を食べるようにしましょう。

そして、ご飯と魚介類、野菜の入った味噌汁を飲むようにすれば低体温の改善は無理なくできます。

 ⑧女性の薄毛治療 理学育毛発毛 内臓を温めるようにしましよう! 低体温体質の改善 -2

女性や子供達に近年低体温体質の人が多くなっています。低体温体質は遺伝ではありませんので、改善できるものです。

日々の生活の見直しをしましょう。

それには生野菜は温野菜にして食べたり、温かいスープにして食べましょう。

内臓の冷えは万病の元です。朝晩は温かい味噌汁を飲むようにすると体が元気に楽になります。

そして昆布やアゴ、煮干などの天然出汁をしっかり入れますと体の冷えの解消に繋がります。

また内蔵の冷えは薄毛の原因にもなります。

 

 

「世界発毛科学研究所」

ワールドヘアサイエンス

フリーダイヤル 0120-77-3911

メールでの問合せはこちらへ

発毛専門理学博士 伊藤勝文

http://毛髪相談.com/