2019.11.01

秋に多い季節性脱毛症の突発型円形脱毛症などの脱毛の発毛とは? その(7)

秋は季節性脱毛症に特に注意する脱毛原因が多くあります!!

特に悪性脱毛症という円形脱毛や多発性脱毛が多くなります。

“悪性脱毛症の発毛は、ワールドヘアサイエンスは発毛保証しています!!”

  秋季の薄毛や脱毛症は脱毛症の進行が早く悪化する悪性脱毛症が多く、抜け毛が多くなったり、脱毛部ができたらすぐに毛髪検査を受けるようにしましょう!

  円形脱毛症や多発性脱毛症などの悪性脱毛症は、特に秋に多く発症します! 抜毛が多く色々な脱毛症不安があれば一人で悩まずにワールドヘアサイエンスにご相談ください!

 円形脱毛症はストレスで起きるという人がいますが、・・・

強いストレスは過剰な白血球の顆粒球を生みそしてそれが活性酸素を造るといいます。その顆粒球は一度できると自然には消えずに、最終的には上皮細胞に出てきて、細胞を破壊することがありますから、毛母細胞を破壊することも考ええられます。

ストレスは色々な病気の引き金となります。しかし、ストレスのない生活は考えられませんし、そのストレスをどう上手に解消したり活性酸素を消すようにすることが重要です。

ストレスを強く感じる仕事や環境は、ビタミンCをよく摂取するようにしたり、マッサージなどで身体をほぐしリラックスを心がけましょう。

入浴は交感神経の緊張を取り、血流改善、ストレス緩和に最も簡単で効果の高いものです。お風呂で汗をかくことは副交感神経が働いていることですから、大変に良い効果があります。

強いストレスは自律神経の交感神経が極度に働き、血流を著しく悪くします。これが身体に様々な病気を起こす原因になります。毛髪の育生を阻害して、毛周期がまだまだ抜ける段階ではなくても途中で抜けてしまうことにもなります。

円形脱毛症は病気をしたり、色々な過労などから、体力が落ちて免疫力が低下し、この時に強いストレスや、頭皮を不潔にしていて頭皮のバリア機能がバランスが崩れていると発症する可能性があります。

他にも、受験勉強でいつも深夜まで勉強して夜型生活をしていて、食事も十分な良質なたんぱく質の摂取をせず、夜九時以降に消化の悪いものを食べて胃に負担を掛け、自律神経を弱らせ、

その上、十分な睡眠がとれていないと成長ホルモンの分泌を減らすこになります。・・・こういうことも体力を弱らせ免疫力低下となり円形脱毛症の原因の一つとなることも考えられます。

このように一つの原因で円形脱毛症になるのではありません。

  円形脱毛症ができてもそこだけで脱毛がとまることはなく、すぐに他ににも脱毛していきます!脱毛症の進行を止めて早く発毛させるにはワールドヘアサイエンスのの毛髪検査と発毛ケアをうけましょう!

 円形脱毛症は、原因があってそれが円形脱毛になるまでに2~3カ月づれることが多いようです。

ですから円形脱毛が出来た時に、自分自身でも脱毛症になるとは思っていませんし、思い当たる原因も分からない人が多いようです。

脱毛症は痛くも痒くもありませんし、髪がバサバサ抜けることもないので他人から言われて分かるようです。

円形脱毛が出来ると、誰でもビックリしてどうしようかと悩み、最初は自分の髪でその部分を隠して、生えてくるのを待つと思います。

しかし、脱毛原因をそのままにしていては何時まで経っても、ほとんどの場合は中々回復しません。

そして脱毛を気にするあまり更にストレスが強くなります。

ご自分で悩まずに、早くワールドヘアサイエンスで毛髪検査、頭皮の検査をして原因の究明と理学発毛ケアを始めるのが一番良いのです。脱毛が出来てそのままにしていて自然に発毛することはまずありません。

それどころ円形脱毛があちこちに出来て行くことがほとんどです。

  多発性脱毛症 -1

 円形脱毛症のように一か所ではなく、小さな脱毛があちこちできるものです。

最初は2~3ミリの脱毛が5ミリくらいに広がったり、頭部のあちこちに出来た脱毛がやがてもっと広がり複雑にくっついたりして、どんどん広がる場合もあります。

痒みをともなうこともありますが、痒みがなくどんどん脱毛範囲が広がっていくこと円形脱毛症の特徴ですが、痒みがある場合は脱毛の進行が速い場合が多くあります。

そうした場合は、脱毛状態が複雑で、生活環境や食生活、強いストレスの状況が複雑に絡み合っていると思われます。

一人ひとり、原因や要因が違いますので、発毛手当てを して行く中で、一つひとつ問題を解決していくことが早期の発毛回復につながります。

  多発性脱毛症 -2

 多発性脱毛症は以前はあまり多くいませんでしたが、細菌はいきなり多発性脱毛になる人がおおくいます。

しかし、このような複雑な脱毛状態になるには、一つや二つの脱毛原因ではないことほとんどです。

そして、何年間に渡り、何回か脱毛と発毛を繰り返して、正しい理学発毛ケアをしないままにしていると・・・

このような脱毛状況は、更に別の脱毛原因が加わると一挙に全頭脱毛になることが心配されます。

その上、複雑な脱毛過程を過ごしてきましたので、全頭脱毛になってから発毛手当てを始めても発毛回復には時間をようすることになります。

秋季が悪化する原因が大変に多く、早期の正しい発毛処置が本当に重要です。

  広汎性脱毛症 -1

 広汎性は女性によく見られますが、特に40代位からなる方が多い様です。

広汎と言いましても、男性型脱毛に似ていて、頭の上部全体が薄くなり頭皮が透けて見えるようになります。

ですから女性の男性型脱毛などと一部の人達は言っていますが、全てがそうではないと思います。根拠に乏しい理論を言う方もいます。男性型脱毛ではありません。

子宮の関係(卵巣ホルモン)「女性ホルモンともいう.卵巣から分泌されるホルモン.エストロゲン卵胞ホルモン)とプロゲステロン黄体ホルモン)がある.」 が大きく関係していると思われますが、これ以外に食生活や夜型生活、内臓の働きの低下、過労、ストレス、低体温の体質などが深く作用していると考えます。

女性は出産という大変に身体に負担のかかることがあります。

産前、妊娠中、産後は栄養の摂り方や 精神面での不安やストレス、そしてホルモンバランスが大きく変わる時です。

すぐに薄毛や脱毛状態になるのではなく、そうしたことが徐々に頭の上部の薄毛になって表れてくると思います。

ですから秋季は悪化する条件が多いので、体調管理に気を付け、あまりひどくなる前に理学発毛ケアを始めることが良いと思います。

  広汎性脱毛症  -2

 女性の方が分け目が薄くなって来たとか、つむじの辺りが薄くなって髪のボリュームが出なくなり鏡を見る気もしないし、おしゃれに興味が無くなってしまった・・・と言うお話をよくお聞きします。

30代でも出産後に急に頭の上部が薄くなり、中々元のように髪が生えてこないと、ご相談にみえます。

広汎性は徐々に薄くなってくるタイプが多いのですが、急に抜け毛が増えるのは明らかに異常脱毛になっていると思われます。

このような時はすぐに育毛処置をするようにしましょう。

妊娠中は黄体ホルモンの影響で、通常の毛周期(ヘアサイクル)が長くなっています。出産後はそのホルモンオがなくなりますから、毛周期が元に戻るとともに、今まで抜ける筈だった髪が抜けるので一時、異常に抜けた感じがして薄毛になったように思います。

しかし、これはすぐに元のような状態にもどりますが、妊娠中に尿毒症とか栄養が上手く摂れなかったり、不眠症やその他体調を壊しますと、中々元の状態に戻らず、徐々に頭の上部が薄くなり、広汎性脱毛になることがあります。

産後は出産で疲れた身体と栄養をしっかり摂り、ゆっくり教養をとることが大事です。

出産後しばらくの間は、夜の赤ちゃんの授乳などは他の人にしてもらい、しっかり睡眠を取ることが体力の回復や育毛や発毛には必要です。

  広汎性脱毛症  -3

 女性の頭の上部が全体が薄くなる広汎性の脱毛は、そのままにしていればもっと薄くなります。

何もせずに諦めている方がいますが、理学発毛毛ケアをすればほとんどの女性は年齢に関係なく、直ぐに薄毛は改善します。

ワールドヘアサイエンスの発毛補助機能の医療用ウィッグで、頭上部の薄毛をカバーしながら育毛発毛ケアをしている50代から70代の女性は沢山います。

女性は80歳代でも理学育毛発毛ケアをすれば、ほとんどの場合は発毛してきます。決して諦める必要はありません。

髪が増えてくると身体も元気になるようで、お顔に張りや輝きが出てくるのを見ますと、女性はいつまでも美しくいたいという努力はとても大切なことと思います。

 

 

 

「世界発毛科学研究所」

ワールドヘアサイエンス

フリーダイヤル 0120-77-3911

メールでの問合せはこちらへ

発毛専門理学博士 伊藤勝文

http://毛髪相談.com/     

http://女性の薄毛脱毛症.com/