2019.10.29

秋に多い季節性脱毛症の突発型円形脱毛症などの脱毛の発毛とは? その(5)

秋の季節性脱毛症は悪性脱毛症になることが多く注意が必要です!

悪性脱毛とは急に抜け毛が多くなり脱毛の進行が早く円形脱毛ができて直ぐ他に脱毛ができるものです!

発毛処置を間違えると脱毛が一挙に広がり発毛回復が難しくなる脱毛症です!

世界発毛科学研究所ワールドヘアサイエンスでは、「悪性脱毛症の発毛保証」をします

  秋季の薄毛や脱毛の発毛の対策として、洗髪の時間帯も育毛発毛のためには考えましょう。

 秋でも、夜の就寝中にもべっとりと頭皮に汗をかくことがあります。

通常はシャンプー剤を使用しての洗髪は、2日に一回が望ましいのですが、皮脂分泌の多い人は朝晩2回洗うことも、不潔にするよりは良いと思います。

しかし、皮脂は頭皮の角質を守る上でも必要ですし、一度洗い落すと24時間で元の皮脂の状態になります。

シャンプー剤の一回の量を減らして、その分ゆすぎを丁寧にしたら如何でしょう。皮脂はお湯だけでもよく落ちます。

特に合成界面活性剤の入っているシャンプーは洗いすぎると皮脂を取り過ぎてしまい、角質が剥がれたり無くなって乾燥頭皮になり、細菌が繁殖しやすくなり痒みが出るようになります。

洗髪は外出から帰った、夕方から就寝前が良いでしょう。

朝の洗髪は出掛ける支度に忙しくてゆっくりとシャンプーをする時間がありません。

ヘアドライヤーで乾かす時間がなく生渇きで出掛けることになりますと、ほこりが付きやすく細菌の繁殖を助長します。

また頭皮が濡れたまま冷たい風にさらされると極端に体温を下げることになり、体調を崩す原因にもなります。

   若い男女の薄毛、脱毛症の原因にペットボトル症候群があります。発毛のため、健康のために砂糖や合成甘味料は摂るのを止めましょう!

 ペットボトル症候群による糖分の過剰摂取の健康被害は依然としてあります。

 普段から清涼飲料水を飲んでいる小学生から中高生は、夏季は暑さのためその飲む量は2倍から3倍になると思います。

清涼飲料水は一日にせいぜい350ml以下にすることが重要です。出来れば飲まないことです。100%の生ジュースか野菜ジュース、麦茶や野草茶(健康茶)、ハーブティーにしましょう。

清涼飲料水には糖分が非常に多く入っていて、精製した砂糖は胃からいきなり血液に吸収されて、血糖値が急激に上がり、急性糖尿病になる恐れがあります。

血糖値が急激に上がると、それを下げようとインスリンが出て下げる働きをしますが、絶えず多量の清涼飲料水を飲んで糖分を過剰に摂取していますと、インスリンが出なくなって糖尿病になります。

また、血糖値を下げるためのインスリンが出てくるのは時間がかかり、インスリンが出てくるときには糖分はもう無くなっています。そこへインスリンが沢山出てくると今度は血糖値が異常に下がってしまいます。低血糖症です。

脳は糖がないと働きませんから、脳が狂ってしまいます。これは死に至るほど大変に危険なことです。

また、白砂糖は肝臓に大変な負担を掛け、血液を汚すものです。免疫機能を低下させたり、薄毛やファファの柔らかい毛質にします。

合成甘味料なども普段から摂取していますと、知らず知らずの内に砂糖を好んで口にするようになりますから、出来る限り摂らないようにしましょう。 

更に、砂糖の過剰摂取は身体からカルシウムを出してしまいますから、神経も侵されることになり、イライラや不眠症の原因にもなります。チョットしたことで異常に興奮して、いわゆる切れる症状を起こす原因です。

また、清涼飲料水や砂糖、合成甘味料は身体を冷やす作用がありますから、摂り過ぎますと低体温体質になります。

低体温というのは基礎代謝が正常に出来ていないということです。

低体温で正常の36.5~36.7度の体温がなく、35度台という若い男女の低体温体質がとても多くなっています。

体温が一度低いと免疫力は30%低下するといいます。免疫力の低下は感染症に掛かりやすくなるということで、皮膚のバリア機能が低下して細菌性の突発性脱毛症(円形脱毛、多発性脱毛、全頭脱毛症)に罹りやすくなります。

  ペットボトル症候群 -2

 ペットボトルの合成ジュースに限らず、缶コーヒーやコーヒー牛乳など、これでもかと驚くほどの砂糖が使用されています。

甘いものが好きな人は最近では女性に限らず、若い男性が好んで飲んでいるようです。

白砂糖や合成甘味料の摂り過ぎは急性糖尿病や高血糖症になります。そして、そこに肉を沢山食べる生活をしていれば、高脂血症になることは間違いありません。

いわゆる成人病ですが、糖尿病になる前に薄毛や若はげ「男性型脱毛」になることを覚悟しなければなりません。

男性の方が薄毛や脱毛で相談に来た時に、これから発毛ケアを行っていく為に食生活の改善をして行けるかお尋ねます。

男性型脱毛は原因や、その原因を助長するものに、食生活が大きく関わっているからです。

そして、喫煙です。喫煙は活性酸素を身体の中に非常に沢山発生させて、体の組織を破壊します。

この活性酸素は毛母細胞(毛乳頭)を破壊する恐れがあります。

缶コーヒーや炭酸飲料水、牛肉、牛乳など高カロリー、高脂肪食は肥満にもなりますが、男性型脱毛の原因や要因にもなります。

しかし、その事をお話しますと、タバコはダメだ肉を食べてはだめだなんて事を言われるなんて、自分は食べたいものを食べて酒やタバコを吸いたいので、発毛ケアはしないと言う男性がいます。

確かに好きなものを止めるのは辛いし、簡単に嗜好品や食生活を変えられないのは良く理解できます。しかし駄目なものはダメなのです。

でも、育毛や発毛促進に駄目だというものは、40年近く毛髪業をしてきて育毛・発毛研究の結果から発毛アドバイスしているのです。

健康に良くないことは育毛にも良くないのです。

喫煙していて牛肉も沢山食べていれば、薄毛は益々ハゲになって行きますし、心臓病になる危険は高くなる一方です。

男性型脱毛の方で肉食の人は心筋梗塞、心臓麻痺でなくなる方が多くいました。ですから、世界発毛科学研究所の発毛ケアは髪の毛を取り戻すと同時に、健康な身体を取り戻すことでもあります。これが正しい理学発毛ケアのアドバイスです。

  脂漏性脱毛や粃糠性脱毛の悪化

 暑い時期や暑い作業場での仕事は皮脂分泌が活発になります。そして体温調節のために汗が沢山でます。

それとともに角質を保護する意味からも皮脂分泌が多くなります。

頭皮も当然、皮脂分泌が多くなりますから、「暑い時期やたくさん汗をかいたら夜寝る前と、朝起きたら洗髪をする」ようにして汗や皮脂を洗い流しましよう。

何度も洗髪するときは、必ずワールドヘアサイエンスのヘアケアシャンプーを使用するようにしてください。

しかし、秋になりますと日中は頭皮に汗をかくことがあっても朝晩は気温が低下して頭皮が乾燥するようになります。

季節によっても頭皮の環境は大きく変わります。急に頭皮がつっぱったようになったり、乾いたフケがぱらぱら出てきたりしたら要注意です。そこに痒みが伴うと頭皮のケアをかんがえる必要があります。

市販の合成界面活性剤のシャンプー剤は、皮脂を摂る過ぎても頭皮に良くありませんので、頭皮や毛髪に一切のダメージを与えない、ワールドヘアサイエンスの天然フィシュコラーゲンのアミノ酸系育毛ハーブ配合のヘアケアシャンプーをお薦めします。

  秋季は円形脱毛などの突発性の悪性脱毛症の原因が多くあります。下記の事に注意して予防をしましょう。

①汗や皮脂が頭皮に沢山出て、不潔になりやすいので色々な細菌が増殖し、脱毛原因になりやすい。

②食欲が落ちたり、食事が偏ったりして十分な栄養が摂取できない場合が増える。

③夜、暑苦しさから安眠が得られず十分な成長ホルモンが分泌されなくなる。

④夏季は体力が落ちたり、寝不足などで朝寝坊になりやすく、自律神経のバランスが崩れ免疫力の低下を招くことが多くなります。それが秋になり気温の低下と相まって、更に薄毛や脱毛原因となりやすくなります。

⑤冷房と暑さの繰り返しで自律神経が弱り、体力が落ち、免疫力の低下を招き細菌が増え、頭皮の頭部常在菌のバランスが崩れて痒みや湿疹ができやすくなります。

⑥寝具、特に枕などに汗が染み込みカビ菌が発生するので清潔にすること。

⑦ブラシや櫛にも皮脂や汚れなどが多く付着するので、使用の都度清潔にする。

⑧ウィッグや帽子、ヘルメットなどをいつも清潔にする。化学物質無添加の除菌消臭剤を使用しましょう。消毒用アルコールはウィッグやヘルメットなとに身体に直接的に当たるものには使ってはいけません。

ウィッグを使用している方は通気性が良区締め付けたり貼り付けたりしないウィッグを使用して、ウィッグにカビが生えないように極力注意をしましょう。特に人毛のウィッグを使用しているとウィッグの内側に目には見えなくともカビ(真菌)が生えている場合がほとんどです。

育毛発毛を考えて、必ずワールドヘアサイエンスの育毛発毛補助機能付きの医療用ウィッグを使用するようにしましょう。

カビ対策が出来ていないウィッグを使用すれば一生発毛を望むことは出来ません。

⑨特に、ウィッグは皮脂や汚れが沢山染み込み、細菌やカビ菌が増殖するので、「ステーリズトリートメント」=滅菌消毒法を行うようにしましょう。こうしたカビ菌対策は世界発毛科学研究所での長年の脱毛原因の研究の中で細菌(真菌類)が脱毛原因の脱毛症の人は多くいます。

⑩秋季から冬季は頭皮が乾燥しますので、頭皮のバリア機能が低下して頭皮が細菌が増殖しやすくなります。細菌性の脱毛症に罹りやすくなります。

 

 

 

 

「世界発毛科学研究所」

ワールドヘアサイエンス

フリーダイヤル 0120-77-3911

メールでの問合せはこちらへ

発毛専門理学博士 伊藤勝文

http://毛髪相談.com/     

http://女性の薄毛脱毛症.com/