2020.06.30

梅雨時は薄毛脱毛症の多くの根本的原因をつくります!正しい発毛ニュースはワールドヘアサイエンス

梅雨はただ鬱陶しいだけではありません!この時期に細菌が増殖して薄毛や脱毛原因をつくります!!

湿度が高くそして気温が高くなれば汗をかきます皮脂分泌が多くなります

これらは頭部常在細菌の餌のなるのですが、餌が多過ぎると悪玉細菌が増えて頭皮のバリア機能のバランスが崩れる怖れますがあります!

これらが薄毛脱毛症の危険な原因をつくります

予防と益々の脱毛が悪化するのを回避して発毛ケアをするようにしましょう

頭皮の育毛環境 

洗髪とシャンプー剤

皮脂や汗は体温調節や保湿のためになくてはならないものですが、汗をかいても中々乾かない湿度の高い梅雨時は、皮脂分泌も多くなる事と重なり、どうしても不潔になります。

汗や皮脂は通常は皮膚常在細菌の餌となり頭皮のバリア機能をつくりますが、洗髪を怠ると薄毛や脱毛症の原因となる危険な悪玉細菌の増殖を招くことがあります。

この時期は洗髪回数を増やして、頭皮を清潔にすることが重要です。

洗髪は毎夜して、夜に汗をかいたら翌朝にも汗を流すように洗髪をしましょう。

しかし、市販の合成シャンプー剤は合成界面活性剤の作用が強力なために、今度は清潔にするためのなんども洗髪することによって皮脂を取り過ぎてしまいます。

しかし、合成シャンプー剤の危険性は皮膚の保湿に重要な角質を傷つけ剥がしてしまう怖れがあります。更に、毛穴から毛母細胞に合成界面活性剤が浸透して行き毛母細胞の細胞膜を溶かしてしまうことが考えられます。

いつの間にか合成界面活性剤の恐ろしさが忘れさられているようです。

合成界面活性剤はその協力な界面活性効果により油脂を分解というか、除去する力は化学製造物質により強力です。

では何が私が心配するほど恐ろしいかといいますと、この合成界面活性剤はいとも簡単に皮膚から身体に浸透して行き、細胞膜を溶かしてしまうからです。

ですから、細胞膜を溶かされた生物は初期にはアレルギー反応で痒みや湿疹という症状が出ますが、次には皮膚がボロボロと剥がれたり毛髪が抜けてきます。

あの生命力の強いゴギブリさえも、この合成界面活性剤を掛ければすぐに死にます。

このことに付いては、次回の発毛ニュースでお知らせします。

世界発毛科学研究所が開発しました天然アミノ酸フィシュコラーゲンのヘアケアシャンブで育毛環境を破壊しないようにヘアケアをしましょう。

ヘアケアトリートメント

洗髪の後に世界発毛科学研究所のヘアケアトリートメントをすれば頭皮の育毛環境を最良の状態にすることが出来ます。

一般のトリートメントやリンスとは全くことなるトリートメントリンスです。市販のトリートメントは毛髪に栄養や艶、弾力などをあたえたり毛髪の傷みを改善するものですが、ワールドヘアサイエンスのヘアケアトリートメントは、それに更に頭皮のバリア機能を正常にしたり育毛環境をよくするように造られています。

天然育毛成分のハーブを加えて育毛環境を良くします。

ラノリンや油脂を使用しませんから、使用後の毛髪の立ち上がりやボリームが出て、風合いや手触りががとても良くブラシや櫛通りがよくなり、毛髪が美しくなります。

合成香料などは一切使用してせず、天然ラベンダー配合ですから、とても優しい香りで癒されます。

 

「世界発毛科学研究所」

ワールドヘアサイエンス

フリーダイヤル 0120-773911

メールでの問合せはこちらへ

発毛専門理学博士 伊藤勝文   

http://毛髪相談.com/          

http://女性の薄毛脱毛症.com/