2019.05.24

脱毛発毛 抜け毛と痒み抜け毛が多くなれば薄毛や脱毛の始まりとか!?

痒みから沢山の抜け毛は危険信号 薄毛や脱毛を止めよう

異常乾燥が続くと気管支の調子が悪くなり、特に秋や冬は夜や明け方に咳き込む方もいます。

乾燥は気管支が乾燥して粘膜の働きが落ちて、細菌やほこりが気管支に留まるり咳が出ます。

皮膚も乾燥すると皮膚のバリヤー機能が働かずに、悪玉細菌が繁殖しやすくなり痒みが出たりします。

頭皮も同じで、痒みが出やすくなります。

無意識に頭皮を爪で掻いたりすると角質を傷付けて、そこから黄色ブドウ球菌などが入り込み皮膚炎を起こすこともあります。

乾燥ばかりではなくアルカリ性の石鹸シャンプーや石油合成のシャンプーで洗い過ぎると凄く乾燥を招きます。

シャンプーをしてすぐにフケや痒みが出るようならば注意をしましょう。

それはシャンプー剤に原因があることが良くあります。

フケや痒みそして抜け毛が多くなったら要注意が必要です。

また、毛染めやパーマを掛けた翌日は特に要注意、薬液の作用で頭皮の角質が取られてしまったり傷ついて、頭皮が異常乾燥して凄い痒みに襲われることがあります。

それから、ポロポロと抜け毛が段々多くなったら、それはとても危険な薄毛もや脱毛症の始まりかもしれません。

パーマ液や毛染め液は劇薬に指定されている化学薬品を使用しています。

アレルギー反応が接触性皮膚炎になることが多く報告されています。

酷い時は化学火傷と呼ばれる状態になり全頭脱毛の原因になります。

そして、抜け毛が多くなるようならば、薄毛になる前に毛髪検査をしましょう。

育毛環境ために頭皮の常在菌のバランスを整える、ワールドヘアサイエンスのヘアケアエッセンスローションを付けるようにしましょう。

安心安全な無添加の育毛発毛ケア用品

 

 

「世界発毛科学研究所」

ワールドヘアサイエンス

フリダイヤル 0120-77-3911

メールでの問合せはこちらへ

発毛理学博士 伊藤勝文