2019.10.22

秋に多い季節性脱毛症の突発型円形脱毛症などの脱毛の発毛とは? その(1)

気温が下がり朝晩の気温差が大きくなる時期は、季節性脱毛症になりやすいのです!
薄毛や突発性の悪性脱毛症の多くは秋に発症しています!

“脱毛症を早期に発毛させるにはワールドヘアサイエンスの理学発毛処置をしましょう”

  低体温体質は免疫力の低下により薄毛や脱毛症の根本原因になりますので体質改善が重要です。

 低体温体質は内臓が冷えていて免疫力の低下をもたらし、特に35度台の体温の方は癌体質とも言われます。

冷え症の方は食生活や嗜好品類を変えたり生活環境などの見直しで改善できますが、低体温体質は生活全般を見直すことが必要です。

夜型生活や朝食抜きの生活他色々と原因が考えられますが、薄毛の原因にもなり、突発性の悪性脱毛の原因になります。

 秋の育毛発毛の対処法 -1

気温が下がってきたり朝晩の気温差が大きくなる秋は、多く薄毛や脱毛症の原因が多くあります!!

体質、生活環境、お仕事環境、衣服関係、頭皮の問題、食生活、飲み物、嗜好品、睡眠、寝室、運動、洗髪、寝具、部屋の環境、入浴その他について脱毛原因や薄毛の原因を検証し薄毛・脱毛症の予防をこれからアドバイスします。

  

  自分の体質を知り、低体温体質ならば体質改善をしましょう。それが脱毛を発毛させる根本です!

 低体温体質の方はお腹に手を当ててみると冷たく感じます。体温が35度台の人は免疫力が30%の前後低下しているといいます。

冷え症や低体温体質は気温が下がりお腹が冷えると下痢気味になったり、足が冷えて熟睡が出来なくなります。

夜中に何度もトイレに行くことは睡眠不足になって体力も落ちてきます。

育毛発毛は睡眠はとても深い関係にあります。

そして下痢をするということは腸内細菌の悪玉菌が多くなっていることが考えられます。

健康と皮膚の正常な生理活性は、腸の善玉菌の働きが大きく関係しています。

冷え症や低体温体質はご自分で改善できるものですから、是非治していきましょう。

  低体温体質はそのままにせずに免疫力を上げるためにも、基礎体温を上げる努力をしましょう。

 冷え症と低体温体質とは違います。

低体温体質の方が内臓や脳内温度の低下をもたらし、健康に大きなダメージを与える怖れがあります。そして薄毛、脱毛症の要因になります。

しかし冷え症とて、そのままにしていて良いものではありません。

冷え症は手足が冷えるもので内臓は冷えていません。

秋、冬は寒いこともあり血行不順を起こして冷え症になりやすいものでいす。

運動不足からも冷え症になります。

特につま先が冷えるときは、足先を伸ばしたり上にあげたりを10回くらい行ったり、階段を歩くようにしてふくらはぎの運動をしましょう。

低体温体質の人は頭皮温度も低いことが多く、外出は帽子を被ったりウィッグなどを使用して保温するようにしましょう。

低体温体質は内臓がひえていますのでカイロなどでお腹をあたためたり毎夜の入浴でしっかり内臓を温めるようにしましよう。

頭部の冷えは血行不順となり育毛を阻害します。

そして頭皮の乾燥により頭皮の常在細菌叢が正常に働かず悪玉細菌が増殖して悪性脱毛症の原因となります。

  低体温体質をさらに悪化させる原因があります。免疫力の低下はさらに脱毛を進行させ発毛によくありません!

 冷え症や低体温体質の方は喫煙をしてはいけません。

その上、タールが肺に付着していけば、十分な酸素を体に送れなくなりますから、益々冷え症や低体温体質が酷くになります。

タバコは百害あって一利なしといいますが、まさにその通りです。

一酸化炭素やタールが酸素吸収を阻害し、さらに毛細血管を収縮して血流を悪くします。

また、タバコは発ガンの原因物質を多く体内、特に脂肪組織に化学物質は蓄積させます。

まだまだ喫煙をしている人を見かけますが、発ガン性化学物質は確実に体内に取り込まれていきます。

免疫力が衰えたときにその発ガン物質により癌化することになります。

体温が一度低いと免疫力は約30%低下すると言われます。

今すぐ、禁煙をしましょう。

  季節性脱毛症という脱毛症の原因は、単なる冷えだけではなく自律神経の疲れやバランスが崩れていることからもくるということを表しています。自律神経を治せば発毛も早く改善します! 

 秋季は自律神経の乱れや疲れが起きやすい要因が沢山ありますが、意外と内臓を冷やす要因も多くあります。

元気が出ないとか体調がすぐれない場合は、内臓を知らず知らずに冷やしていることが原因の時もあります。

暑い時はクーラーを付けますが、長時間冷房の中にいますと、知らない間に内臓を冷やし、お腹が痛くなったり下痢をしてしまいます。

また、冷たい飲食物で冷え腹で下痢になったら、下痢が止まるまでそのまま出したほうが良いのです。下痢止め薬は飲まないことです。

クーラーやこうした飲食物での内臓の冷えは、リンパの働きも悪くしますので免疫力を著しく低下させます。

夏季や秋季の入浴は、こうした身体の冷えを治すのに大変に良いことです。毎日の習慣として、入浴で内臓を温め汗をかくようにすることをお薦めします。

自律神経のアンバランスを改善したり免疫力を上げることにも貢献します。

こうしたことが脱毛予防につながります。

  秋の季節性脱毛症は、夏季の飲食の習慣が秋になっても同じ下記の習慣を続けていることなども原因となります。脱毛症は一つの脱毛原因 ではなく複合的な原因によりなりますので、発毛を考えて一つひとつ脱毛原因を解消しましょう!

 夏季は汗をかきますので、兎に角水分を沢山摂っていました。そして身体を冷やすカリウムの多い食べ物を摂っていました。

しかし、秋になると暑い日から、朝晩は急激な気温変化で寒くなります。

季節変わりはとにかく身体が夏型から冬型に変わるために、特に飲食に期を付けて水分の取り過ぎや内臓を冷やさない工夫が重要です。

炭酸飲料水やジュース、コーラなどは合成甘味料や白砂糖が沢山使用されていますので、血液を汚します。肝臓にも多大な負担をかけますから、飲みすぎないようにしましょう。

食欲が無くなったり、今、体がだるいのは気候のせいばかりではなく、こうした甘味料の摂り過ぎが原因の時もあります。

アイスクリームやアイスキャンディ、かき氷のシロップなども沢山の砂糖が使用されています。

これらは強酸性食品で身体を冷やす作用があり合成甘味料は免疫力をゼロにするともいいます。

その上に、気温の大きな変化で自律神経がバランスを崩すことが出てきます。

自律神経の疲れを癒すことも考えなければなりません。

  子供の脱毛症が秋に特に多くなる原因とは?発毛ケアには生活の改善見直しが必要です! 

 子供たちは夏季に生活習慣が乱れ夜型生活になっている場合が多くあります。

今までも夜更かしの生活をしている子供は多いのですが、学校に行かない気軽さから、益々夜型生活・朝寝坊、そして朝食を摂らない不規則な生活を夏季はして来たことが多いとおもいます。

食事も暑さのために水気の多いものが主体となり、身体に必要なタンパク質や必須ミネラルの摂取が少なくなります。

胃腸を冷やしたり、寝冷えをしたりと色々な体も弱っていることでしょう。こうした悪条件の結果が秋に出ていて、これに気温低下が重なります。

こうした生活は低体温の身体となり、免疫力の低下を招いています。

これからの秋から冬になる時に気を付けてほしいのは、夏季の生活習慣の乱れによる自律神経がバランスを崩し冷たいもののや食生活の偏りで著しく免疫力が低下していることです。

ですから、風邪をひいたり体調を崩す怖れが大きいということです。

こうしたことが脱毛原因のおおきな原因にもなっています。

  10代20代の薄毛や脱毛の原因は市販の合成シャンプーが原因となる怖れがあります。発毛にはワールドヘアサイエンスの天然コラーゲン無添加発毛用ヘアケアシャンプーを使用しましょう!

 最近の若い人達は髪のおしゃれにとても敏感です。

オーディコロンを付けている男子学生もいるほどですから、匂いにも気を付けているのでしょう。

不潔とか汗臭さを非常に気にしている学生がいますが、男性ホルモンの活発な年代は、洗ってもひと汗かけば体臭は出るものです。

汗をかいたら早目に温かいシャワーを掛ければ汗臭さは消えます。身体や頭皮は、汗をかいても石鹸などを使用するのは一日に一回としましょう。

皮脂や汗はお湯で流せば落ちます。

石鹸やシャンプー剤を日に何度も使用することは控えましょう。どうしてもシャンプー剤を何度も使用したい時は、洗髪は軽く一回で済ませ洗剤の量も少なくしましょう。

頭皮や皮膚の角質は、洗剤で洗いすぎると取り過ぎてしまい、乾燥肌になり痒みやフケが出たりします。

夏季に合成界面活性剤のシャンプーで洗い過ぎて、たった3カ月で薄毛になったりする中高生もいます。

何度もシャンプーをしたい人は、良質なワールドサイエンスのヘアケアシャンプーを使用するようにしてください。

このヘアケアシャンプーは生薬配合の天然アミノ酸系シャンプーですから、肌を保護し毛髪に栄養を与えますから、何度シャンプーをしても大丈夫です。

体質別、頭皮のタイプに合ったナチュラル・ヘアケアシャンプーです。  

  10代20代の薄毛や脱毛の原因は食生活と夜型生活は脱毛原因として考えられます。発毛を考えて朝型生活のリズムにしましょう!

 もう一つ10代の脱毛症で気を付けたいのが極端な免疫力低下が招く脱毛症です。

普段から、ほとんどの若い方は夜型生活になっています。午前0時ごろに寝るのが当たり前の生活リズムのようです。

しかし、身体をつくる成長ホルモンは寝ている間に分泌され、午後11時から午前4時ごろまでにほとんどが分泌されます。

成長ホルモンは、また、髪の毛をつくるために無くてはならないものです。

夜型生活は、この成長ホルモンの分泌が少なくなりますから、毛母細胞が働きません。

そして、かたよった食生活でタンパク質が摂れていない、新型の栄養失調になっていることがあります。

身体や毛髪は全てタンパク質で出来ています。十分なタンパク質(必須アノミノ酸)が摂取出来ていませんと、薄毛や脱毛症になる怖れがあります。

毛髪の栄養は貝類やイカ、タコなどのタウリンが必要です。

そして、体の栄養バランスに大切なミネラルを十分に摂らなくてはなりません。食生活の乱れは身体から逆にミネラルを排泄してしまいます。

こうした食生活や夜型生活は気温の低下とともに、免疫力が急激落ちるに秋になって身体に表れてきます。

細菌性の脱毛症や、栄養が摂れていないために薄毛になる恐れもあります。

秋季は生活や身体のリズムが狂いやすいので気を付けましょう。

 

 

 

「世界発毛科学研究所」

ワールドヘアサイエンス

フリーダイヤル 0120-77-3911

メールでの問合せはこちらへ

発毛専門理学博士 伊藤勝文

http://毛髪相談.com/     

http://女性の薄毛脱毛症.com/