2020.02.13

冬季は薄毛や円形脱毛の危険な原因が多くあります!脱毛症治療アドバイス! その(5)嗜好品

冬季に気を付けなければならない嗜好品は炭酸飲料やジュース類、氷菓子、喫煙です!

特に冬季は内臓を冷やすものは最悪です。

口当たりが良いからと炭酸飲料やビール、冷たいジュースは飲まないようにしましょう!

 

 薄毛や脱毛の原因が進行して表れることが春には多くあります。しかし、この深刻になる脱毛原因は実は冬季にあるのです!!

 春は入学や就職で新しい門出となる時期、突発性の円形脱毛や多発性脱毛、全頭脱毛症になる場合があります!

  冬季の薄毛脱毛症の予防と発毛対策はとても重要なことです。

頭皮の環境は特にバリア機能が働かなくなる要因が多くあります。短い抜け毛が増えたり痒み、フケが目立つようならば脱毛予防のためのヘアケアが必要です。

  5.嗜好品 

 嗜好品は人それぞれ自分の生活の中にいつの間にか入り込みなくてはならないものになっています。その中には身体によくないものが意外に多くあります。

子供の頃はそんな嗜好品は甘いものが主流ですが、年齢とともにまた男性女性とか環境によっても変わってきます。健康に良くないとか育毛発毛に悪い影響を与えるものも知らずに習慣になっているものもあります。

薄毛や脱毛症になる原因の大きいものから

.  「喫煙」

タバコの害は化学物質の恐ろしさ如実に顕わしています。喫煙条例が出て公共施設や飲食店ではほとんど喫煙になりました。

かし、ニコチン中毒は法律で規制しても中々止められるものではありません。タバコの煙には薄毛や脱毛原因があります。特に女性や子供に対するダメージははかり知れないものがあります。

タバコによる化学物質はたとえ喫煙をしたからと言っても一度身体に入った化学物質は自然には排泄されません。化学物質は脂肪組織に沈着して静かに健康な細胞を傷つけ癌化する恐れがあります。

女性に乳癌が多いのは乳房が脂肪の塊のように多くあることとは無縁ではありません。例え本人が喫煙しなくても副流煙で入っていれば、タバコの害は逃れられないのです。

小児喘息になる原因はタバコの影響が考えられます。低体温体質の子供が多くなっていますが、喫煙の影響が以前は本当に多くありました。

  「飲料」

 2.アルコール飲料

アルコール(特に女性は危険)

アルコールは女性ホルモンの分泌を少なくして、薄毛の原因になります。

女性に限らず、男性の薄毛や遺伝性脱毛を促進する恐れがあります。過度な飲酒は控えましょう。

3. 清涼飲料水

炭酸飲料や砂糖は身体を冷やし免疫力を下げます。牛乳などは乳製品は未消化の乳糖が小腸に溜りアレルギーを発症する恐れがあります。
合成甘味料は免疫力をゼロにします。

①炭酸飲料+合成甘味料 ②炭酸飲料+砂糖 ③各種合成ジュース+合成甘味料 ④各種合成ジュース+砂糖 

3.乳製飲料

⑤加工乳飲料(コーヒー牛乳含む)+合成甘味料 ⑥加工乳飲料(コーヒー牛乳含む)+砂糖 ⑦牛乳(乳糖除外はOK) ⑧カルピス(砂糖が多い)

4.スボーツ飲料

 ⑨スポーツドリンク(沢山に汗をかくような激しいスポーツ以外は飲まない)

 5.「菓子類」 砂糖は強酸性食品です。身体を冷やす作用があり免疫力を下げます

牛乳など乳製品は未消化の乳糖が小腸に溜りアレルギーを発症する恐れがあります

 1.氷菓子(特に冬季) 洋菓子 ケーキ 砂糖菓子 

 6.「揚げ物」 酸化した油は細胞膜を破壊します。

ポテトチップス フライドポテト 

7.. 硬化油」 水素添加した化学合成油 トランス脂肪酸は危険です。

マーガリンやショートニングは市販のパンやてんぷら、チョコレート、ケーキなどこれらのものには硬化油と呼ばれる水素添加したものが使用されています。

化学合成されたこの油は人間の身体では分解しません。アレルギーの原因となります。

細胞膜を造ることが出来ずに細胞膜にダメージを与えます。

本来、健康な血管の細胞膜は柔軟で伸び縮みし、それにより血圧などを調整します。

しかし、トランス脂肪酸が血管に取り入れられると、柔軟性が失われます。それによって冠動脈疾患が起こり、心不全、心筋梗塞、動脈硬化、不整脈などは全て冠動脈疾患です。

こうした身体に重大なダメージ起こすことがトランス脂肪酸にはあるといいます。

薄毛や脱毛原因にもなる怖れがあります。

 

 

「世界発毛科学研究所」

ワールドヘアサイエンス

フリーダイヤル 0120-77-3911

メールでの問合せはこちらへ

発毛専門理学博士 伊藤勝文   

http://毛髪相談.com/          

http://女性の薄毛脱毛症.com/