2019.07.30

ストレス性の薄毛脱毛症の発毛はワールドヘアサイエンス 毛母細胞に驚きのダメージとは!?

女性や子供に多い毛母細胞を破壊する

ストレス性の薄毛・脱毛症の対策!! 

   脱毛症の原因や要因 

  受験ストレスの緩和や解消 脱毛予防 -1

 ストレスが強いとかいつもストレスを感じていると言って、だからと誰もが体調を崩したり、急激な抜け毛や脱毛症になるわけではありません。

強いストレスが続き交感神経がいつも優位に働く生活をしていますと、毛母細胞は細胞分裂を止めてしまうことがあります。まだまだ毛周期が休止期に入るのは先なのに、途中で毛周期に関係なく抜けてしまうことがあります。ストレス性の薄毛はあります。

しかし円形脱毛症は、色々な原因から頭皮のバリア機能が働かず毛穴から細菌がはいることが原因の一つとして考えられます。

その他、原因は一人ひとり違いますが、脱毛原因は一つではなく幾つかのことが重なり発症します。

そしてその原因を一つひとつ着実に改善していき確実な発毛をさせなければ発毛回復は出来ません。それができるのが世界発毛科学研究所が行っている理学発毛法の技術です。

自然に生えてくるとか、間違った対処法を取ってしまい、悪化して後悔することが無いように、世界発毛科学研究所の理学発毛法をしましょう。

  脱毛体質や脱毛になる生活環境があります。

1.洗髪をあまりしない 2.受験勉強中、また何らかの試験や資格取得のための勉強中 3.夜型生活(夜勤や夜遅くまで仕事や勉強をしている) 4.起床時刻はいつも午前7時過ぎ(朝寝坊の生活) 5.低体温体質 6.朝食を摂らない 7.動物性タンパク質、植物性タンパク質が摂れていなかったり偏った食生活をしている。栄養不足(特に必須アミノ酸、必須ミネラルの不足) 8.冷たいものが好きでを常に飲食をしている。 9.寝具類を清潔にしない。 10.砂糖などの甘いものを好んで飲食し、合成甘味料の飲み物をいつも飲んでいる。 11.エアコンが好きで暑い時期は四六時中強くして使っている。 12.お風呂が嫌いでいつもシャワーだけで済ましている。 13.喫煙 14.悩みがあり良く眠れない 15.家庭内でも神経が休められない(家庭不和) 16.大病を患っている 17.高熱が続き体力が消耗している 18.病後

こんな生活をしている方がいるとおもいますが、実はこれが円形脱毛症や多発性脱毛、全頭脱毛症の要因として考えられます。

そして、間違った発毛処置をすれば回復はおぼつかないどころか、全頭脱毛症になり一生発毛は望めなくなります。

脱毛症は皮膚病ではありませんから、薬で発毛することはありません。西洋医学では発毛は出来ません。ステロイド剤は発毛剤ではありません。発毛作用は一切ありません。

低体温や免疫力を上げることは食生活の見直しや、生活環境の見直し、生活リズムのことなど理学発毛理論により変えていかなければ成りません。

これをしなければ発毛回復は出来ないとおもってください。

  受験ストレス -2

 人間社会がどんなに何世紀変わろうと、国がかわろうと人間の生活は人との戦いなのでしょうか?

世界を見てみると韓国や中国は日本以上に受験戦争をしています。

そして不正入学のカンニングがニュースに出ます。何のための受験戦争なのか、実のところその本質が見えてきません。

将来高収入を得るために、一流企業に就職したり弁護士や医師の資格をとるための学歴や資格でしょうか?

子供がそのための受験勉強だとしたら、果たして理解できるでしょうか?しかし実際は、優等生と呼ばれる子は親の考えに従順です。

子供のときから、両親が先生と呼ばれる職業の子は実によく勉強をしていますし、成績は良く生徒の模範のような子が多くいるようです。

でも自然の中で遊ぶことを知らないので、海や川、山のすばらしさ尊さを知らない大人になっていないでしょうか?

自然から教わることは自然というものは人間の考えや力が及ばないものであり、たとえ自分は遊びと思っていても、海や川、山では一つ間違えば死が待っています。

自然から教わることは生命のすばらしさと、そして自然に対する謙虚さです。人間社会の成績優秀や、肩書なんてことは自然界では何の意味もありません。

学歴社会の受験よりも農業、漁業、工業の現場の人達から学ぶことのほうが、どれほど大切で人間の生活になくてはならないものかと思います。

受験で入学を厳しくするのではなく、卒業までにどれだけ人生に必要な勉強し習得したか、人として社会に必要な知識の技能、そしてお年寄りを敬い他人のためになる人間教育をするようにしなければ、いじめや犯罪は中々無くならないと思います。いじめで自殺する子供は無くなりません。

学校はいじめがあってもそれを隠そうとしたり、成績優秀な子供がいじめをしても見て見ぬ振りもしているようです。

点数評価で優劣を付ける教育は温かい思いユリのある人間性とは関係なく、他人と共存することは考えない人間になります。試験のあり方そのものを変えなければいじめはなくならないと考えます。

国文科を出てきて、会社の商品説明のパンフレットを作らせても、誤字や脱字があり、文書一枚書けない大卒では、やはり今の教育システムは根本から変えなければだめだと考えます。

子供は親以上に自分の将来や色々な疑問を感じ、徐々に自分の考えを持つようになります。こうした自我の目覚めとともに強い葛藤が始まることもあります。

受験ストレスは人それぞれ感じ方が違うとしても、日々の生活の中で心身のストレスはやはり強いものがあります。

学歴よりも実社会に通用し役立つ国家資格を取ると、他人との戦いではなく自分自身の本当の力になります。

  受験ストレス -3

 以前は大学受験の時期に脱毛症になる高校生がいたのですが、最近は小学生から中学生にも脱毛症になることが多くなっているようです。

そして、その脱毛症は最近は円形脱毛が一カ所ではなく最初から4か所5カ所と多発性脱毛症になっています。

さらに脱毛進行も早くアッと言う間に全頭脱毛症になることが多いです。

中高一貫の学校に入れたい、名門校に入れたいと思う中で幼い頃から受験競争に巻き込まれた子は、親の思いや愛情に報いようと必死で努力します。

親の言うことを素直に聞く子が優等生だと信じて努力しますが、思う通りに成績が伸びて親の信頼に応えて行ける内はストレスも良い方向に消化していているものです。

しかし、受験は努力していれば全てが叶うものではありませんし、ひとたび成績が落ちてきたり、努力の割には成績が伸びなく成ると・・・

今までのストレスが一挙に悪い方向に向かい、身体のあらゆる細胞を破壊する白血球の顆粒球が多く出来、思わぬダメージを体に与えるようになります。この顆粒球は毛母細胞にダメージを与え、毛髪の成長を止めてしまい抜け毛を極端に多くしてしまいます。

またこの多量に発生した顆粒球が胃に行けばストレス性の胃潰瘍や過敏性腸症候群になったり、胃酸が多くなることからに胃が弱り食欲がなくなり体調不良となります。一度顆粒球が発生すると中々消えずに細胞を傷つけることになります。

こうして徐々に体力が落ちれば当然免疫力の低下となり、頭皮のバリア機能が低下することになります。

ここに脱毛要因が出てきています。

ストレスは人によって感じ方や受け方に大きな違いがあります。

また同じストレスを受けても二度目や三度目になると、それに慣れるといいますか、耐え難い気持ちが幾分軽く感じるときもあります。

しかし逆にその嫌な耐え難いストレスが続くと思うだけで、もっと大きなストレスになってしまうこともあります。

嫌なストレスは白血球の顆粒球を増やすといいます。この顆粒球は活性酸素を出し細胞を傷つけたり、上皮細胞に行き細胞破壊をするともいいます。

たかがストレスと簡単に考えずに、ストレスを緩和することを色々としましょう。

ゆっくり休息を取り、温かい飲みものを飲んだり、ビタミンCは活性酸素を消す働きもあります。リンゴやトマト、人参ジュース、野菜ジュースを素材をジューサー作って、で飲むことでもかなりのストレス対策になります。

色々と趣味を持ち自分の楽しいと思うことをして、早寝を心がけることも一番のストレス解消法になり健康法です。

神経を休めたり免疫力をアップさせ、血行を良くし熟睡に導いてくれる方法に毎夜の入浴をお勧めします。

入浴は温めのお風呂にゆっくりつかり汗が出てくるまでつかりましょう。そして洗髪の習慣をするようにすれば脱毛予防になります。

内臓を温める事はお腹の周りに60%以上あるリンパ球の流れをよくして免疫活性できますし、汗をかくことは副交感神経を刺激して優位にしますから、神経を休ませるにはとても良い方法です。

ストレスは一人で抱え込むことは良くありません。家族や友達と話合うこともストレス緩和になります。

ストレスは薄毛や、思わぬ脱毛症の引き金に成ることも十分考えられますので、あまり無理な生活はしないようにしてストレス対策をしましょう。

 

 

 

「世界発毛科学研究所」

ワールドヘアサイエンス

フリーダイヤル 0120-77-3911

メールでの問合せはこちらへ

発毛専門理学博士 伊藤勝文

http://毛髪相談.com/

http://女性の薄毛脱毛症.com/