2019.06.07

脱毛子供 女性や子供の円形脱毛から全頭脱毛症の予防は特に寝室環境の脱毛細菌が関係するのです!?

室内に長く居る生活の女性や子供は、特にカビ対策で脱毛症の予防が重要です!!

突発性脱毛の予防 エアコンのカビ  空気清浄器 加湿器 などのカビ

職場では、一年中エアコンを利用している場合が多くなりました。

家庭でもエアコンを使用することが増えています。エアコンが進化して空気清浄機能搭載しているものは24時間使用していることもあります。

しかし、エアコンから出る風はカビ臭くないですか?

フィルターはほこりを取ることはできますが、室内機の奥の送風ファンや冷却フィンにカビが発生することがあります。

エアコンの除菌消臭剤のスプレーが売っていますので、カビ取りをしましょう。

また、エアコンを止めるときは送風にしてしばらく風を出し、エアコンの中を乾燥させるようにしましよう。

エアコンはカビが発生しやすいということをですから、注意しなければなりません。

加湿器などもカビの発生しやすいものです。最近の空気清浄機はフィルターに水を掛け、そこへ風を送って空気を洗うようなものが多く出ています。

これは水を循環させるから良いと思いますが、空気中の雑菌がフィルターや水の中に入り汚れやすいものです。こまめな洗浄をして、カビ対策をしましょう。

更に、お風呂場や台所回り、寝室の窓の周囲はカビが発生しやすいものです。

布団やシーツ、枕などの寝具は常に除菌用の洗剤を使用して洗い、日干しを心掛けましょう。寝具類は石鹸で洗ってはいけません。

カビ菌などが死滅する除菌用の洗剤を使用しましょう。

カビ菌は色々な皮膚病や命に係わる病気になることがあります。

日本は湿度の高い気候の国です。

カビが発生しやすいことを忘れないで、カビが生えないようにすると同時に除菌も絶えずするようにしましょう。

カビ対策は実は脱毛症予防対策として、特に重要なことです。

円形脱毛症や多発性脱毛症などの突発性脱毛症の原因となることも十分考えられます。常に清潔を心掛けましょう。

また、痛みどめの鎮痛剤や解熱剤、湿布薬の常用や長期間の使用は免疫力の低下ともなりますから注意しましょう。

免疫力の低下や病気のとき、風邪薬や抗生物質などやステロイド剤、免疫抑制剤などを服用しているときは、
こうしたカビ菌を吸っていますと深在性真菌症(病原性真菌症)になる怖れがあります。

表在性真菌症の恐れももちろんあります。

梅雨にはいりました。梅雨の時期は十二分にカビ対策をしましよう。

脱毛細菌にはワールドヘアサイエンスでは、発毛ケア用天然アミノ酸フィッシュコラーゲン原料のハーブシャンプーDタイプで頭皮のバリア機能を整えます。

汗や皮脂、汚れを落としながら、頭皮のバリア機能を高めるために善玉菌が働けるように育毛発毛用ハーブを採用しています。

頭皮を清潔にすることは最も大切ですが、合成シャンプー剤は角質を傷付けたり剥がしてしまいますので、シャンプー剤選びは重要です。

 

 

「世界発毛科学研究所」

ワールドヘアサイエンス

フリーダイヤル 0120-77-3911

メールでの問合せはこちらへ

発毛理学博士 伊藤勝文