2020.07.02

新型コロナと深刻な薄毛の関係!ワールドヘアサイエンスの発毛ニュースで薄毛予防!! ②

新型コロナはウィルスによる感染症ですが薄毛や突発性脱毛症に関係するのは、

今回のコロナウィルスのように肺炎を起こし、肺に大きなダメージを与えるものです

若い方には自覚症状がなく無症状といいます!だからと言って安心をするのは早いのです!!

ウィルスは人から人へと伝染するときに変異しやすく、より強力になるといいます!

人間の臓器は五臓六腑で心・腎・肝・脾・腎を指します。

その中で薄毛の症状の初期に関係するのは特に肺と腎臓です

肺は空気中から酸素を取り込んで身体の細胞に送り細胞の働きをします。酸素が無ければすなわち細胞は死滅します。脳は3分間酸素が行かなければ脳死の状態になります。

新型ウィルスは肺炎を起こして肺が機能しなくなることから、人工呼吸器で肺に酸素を送りながら肺の炎症を沈めることが今の治療法ですが、他に深刻な病気を抱えていたり免疫力の弱い人は中々回復は難しいようです。

若い人達には無症状で肺の炎症が出ていないことや体温が高くならず、PCR検査をしなければ感染が確認できないようです。

しかし、今症状が出ないからといって感染していないということではありませんから、他の人に感染させる怖れがあります。

何故に、感染しても無症状なのかはまだ分かっていません。

若い人は今までは無症状でしたが、現在は肺炎の症状が出てきている人もいます。

肺炎は皮膚などの傷と違い、後々に後遺症が出ることがあります。

肺がダメージを受けた場合に肺の機能が完全に回復しなければ、酸素を十分に取り入れることが出来なくなり、低体温体質になったりすぐに身体が疲れてしまって体力の低下が避けられません。

低体温体質は免疫力の低下となり、体温が平均の36.5度より一度低い状態では免疫力は約30%も下がると言います。

低体温体質は薄毛の原因になります。

新型コロナウィルスのワクチンが開発されるまで、油断をしないように感染症予防をしっかりして行きましょう。

 

 

「世界発毛科学研究所」

ワールドヘアサイエンス

フリーダイヤル 0120-77-3911

メールでの問合せはこちらへ

発毛専門理学博士 伊藤勝文   

http://毛髪相談.com/          

http://女性の薄毛脱毛症.com/