2019.06.02

脱毛子供 女性や子供の円形脱毛症などの脱毛症の治療 直ぐ発毛するケアとは?

円形脱毛・多発性脱毛症 直ぐに発毛する治療法

円形脱毛や多発性脱毛を早期に治す方法

円形脱毛や多発性脱毛症などの脱毛症は、世界発毛科学研究所で正しい理学発毛ケアの処置を早期にするかしないかで、発毛結果が大きく違ってきます。

何故かと言いますと、脱毛している初期にワールドヘアサイエンスで理学発毛ケアの処置をしますと、毛母細胞が破壊されて脱毛した毛母細胞を、すぐに発毛促進のための発毛技術をすることにより毛母細胞の修復や再生が早いからです。

脱毛して時が経てばたつほど、細菌や活性酸素で破壊された毛母細胞は退化現象を起こし委縮し、毛母細胞自体の細胞が無くなってしまうことになります。

毛包のなか深く毛乳頭周りに細菌が棲みついて、たえず白血球の顆粒球や活性酸素で毛母細胞が攻撃を受けて、次第に毛母細胞自体が無くなってしまうと思われます。

どれくらいで無くなるかは個人差や状況によります。

ですから、脱毛してからあまり長く放置していることは決してよいことではありません。

皮膚科では脱毛症はそのままほっておけば良いというそうですが、放置すればするほど発毛回復は難しくなり発毛ケアをしても下手をすると回復不可能になることもあります。

皮膚科でほっておくというのは皮膚科では発毛治療が出来ないからです。なぜなら脱毛症は皮膚病ではないからです

絶対にステロイドや免疫抑制剤だけは使用しないでください。

何もせずに世界発毛科学研究所で発毛ケアをしましょう。それが一番早く確実に発毛します。

世界発毛科学研究所では毛髪検査や頭皮検査、ヘアカウンセリングをしまして、おおよそのこれからの発毛状況を調べます。

理学発毛ケアの発毛技術処置を行なうと、抜け毛は脱毛の症状により途中で脱毛がすぐに止まる人もいれば、全頭的に全て抜ける方、脱毛が進行せずにすぐに脱毛部から発毛する場合など色々です。

しかし、抜け毛が続いても発毛ケアの施術をすれば抜け毛の後から直ぐに発毛して行きます。

世界発毛化学研究所の理学発毛ケアをすれば、ほとんどの場合は発毛ケアの施術をしてから、一週間くらいで脱毛部から産毛が発毛しています。

そして、約一カ月でその産毛は細い黒髪に変化してきます。細毛でなく太い髪が生えてくることもあります。発毛が見られます。

円形脱毛や多発性脱毛は細菌により毛母細胞が破壊されていますから、世界発毛化学研究所で発毛ケアをすると、毛母細胞を直接的に活性させる技術がありますので、毛母細胞の破壊されたものを修復し再生させるように発毛促進技術処置をします。

そうしますと、赤ちゃんが生まれてきた時と同じような、毛母細胞が大人の細胞ではなく未熟なために産毛が発毛してきます。

そして、一カ月以内に、その産毛は抜け変わって、毛母細胞が大人の細胞に成長すると同時に太い黒髪が生えてきます。

メラニン形成細胞がまだ活性しない時は白髪が生えてきます。しかし、それも更に一カ月もしない内に黒髪へと変わります。

太い黒髪が早く生える方は食生活を偏食やダイエット、タンパク質不足などではなければ太い健康な毛髪が全体に生えます。

夜型生活でいつも寝るのは午前0時過ぎで起床は午前8時前後と言う人は発毛が遅くなります。

低体温体質やタンパク質の摂取不足で特に必須アミノ酸や必須ミネラルなどが取れていないと、発毛が遅くなったりまばらにしか生えてこないことがあります。

そうした人は全体に生え揃うのにはかなり期間を要します。

発毛のための食生活や生活環境、頭皮環境、体質改善など発毛に必要なアドバイスを致します。

 

 

「世界発毛科学研究所」

ワールドヘアサイエンス

フリダイヤル 0120-77-3911

メールでの問合せはこちらへ

発毛理学博士 伊藤勝文