2019.11.16

女性子供に多い円形脱毛症の発毛の治療はワールドヘアサイエンス その(3)

円形脱毛症の複合的な原因の免疫力の低下は体温の低下に現れます!

35度台の平熱は免疫力が30%以上低下しているといいますので、脱毛予防と発毛のためには、まず基礎体温を上げましょう!

 円形脱毛症は偶然に起きるのではなく低体温体質なども深く関っています 

  子供にとって家庭環境はとても重要です。緊張ばかりのしつけは免疫力低下となります!

 生活環境は人それぞれ全く違いますし、同じ家庭でも一歩外にでれば対人関係が発生します。

家庭の中でも個人こじんが抱えている問題や考え方はまちまちです。

夫婦仲が悪くなると一緒の部屋にいるだけで息苦しくなりますし、安眠が出来なくなります。

夫婦の仲が悪ければ子供達も心穏やかにはいられません。こうしたことが長く続くと子供はすぐに体調に変化が表れ、食欲がなくなったり夜鳴きをするようになったりおねしょを急にするようになることもあるようです。

ましてや離婚して両親と別れて子供は大きく傷つき精神面でも情緒不安定になったり、両親に好きな人が出来て家庭に他人が出入りするようになると、特に女の子は心を閉ざしたり、極度に怯えるようになることもあります。

男の子でも母親と一緒に暮らしていて、知らない男が来て父親のように振舞うと、なつくどころか嫌いになることの方多いようです。

家庭は心休まる場所のはずですが、子供が小さい内の離婚は子供の精神と体に大きなダメージを与えることが多く、自律神経が大きく崩れてしまいます。

こうしたことから免疫力が低下して脱毛症体質になることがあります。

昨今は車の中に子供をおいて、パチンコをしていて熱中症で死なせるケースがあり、愛情の薄い親が増えているように思います。

子供の心は愛情で育ちます。

子供の脱毛症は、生活環境や親に原因が何らかしらあると考えていただきたいと思います。

   喫煙の家庭環境は女性や子供に健康面でも大きなダメージを与えますが免疫力の低下を招いたり活性酸素を体内に多くつくり円形脱毛の複合原因の一つとなる怖れがあります1

 家庭環境は、健康面や精神面に大きく関係しています。

家庭内に一人でも喫煙者がいますと、たとえ室内で喫煙しなくても、喫煙後の喫煙者の肺から30分くらいは煙が出ています。

喫煙者ではない主婦が肺がんになってよく調べてみると、夫がヘビースモーカーであることが原因ではないかと考えられる例がありました。

いまや日本人の死因は、実際の原因を調べれば二人に一人は、何らかの癌によって亡くなっているようです。

子供の気管支炎や虚弱体質、小児癌や白血病、原因不明の病気などは、母親が喫煙者の場合はまずは禁煙をすることが重要です。

脱毛症は、免疫力低下を招く喫煙環境をなくしましょう。

タバコには分かっているだけでも2千種もの化学物質があるといわれ、恐るべき発ガン物質であることは間違いありません。

   家庭では自律神経の緊張が取れ安らぎの場になる楽しい家庭環境が大切です! 

 高学歴は子供の将来を決めるものだと、今では幼稚園児くらいから塾に通わせたり、家庭教師をつけて英才教育をしている家庭が少なくありません。

辛い受験勉強をしなくてよいようにと思い、大学まで一貫教育のある学校に入れようと努力をし、

有名大学に入れるように、中学受験や高校受験のため子供たちは必死に勉強をしています。

彼らは家庭でも決して気の休まることはなく、親が教師のような感じになって、いつも緊張を強いられ良い成績をとるために、夜遅くまで勉強しています。また良い子に限って親の期待にこたえるべく必死の努力をしています。

その努力が成績の成果につがっているうちはまだ何とかバランスがとれているのですが、成績が伸びず下がってしまうと、精神的に追い詰められ心身が疲れきってしまいます。

友達との友情関係は築くこともなく、塾通いは競争社会の厳しさを教えるだけです。

日本の教育システムは格差社会そのものであり、それが子供たちの精神面や肉体に大きな問題をつくっています。

脱毛症の子供のケースは両親が高学歴の場合が多くありました。

心身の健康を考えてあげられるのは、愛情を持って接する両親だけだと思います。

  身体が冷える職場環境は内臓を冷やすことになり免疫力の低下を招きますので、内蔵を温める工夫をしましょう!

 コンピュターなどの精密機械を主に扱う職場や、スーパー、デパートの鮮魚売り場などは、冷房がかなり強く一日中かかっています。30分もそこにいると体が冷えてしまいお腹が痛くなってくるほどです。

タクシーなども直射日光があたったりして、夏はとくに暑いのでエアコンを知らない内に強く掛けていることが多く、冷え性になり、むくみや腰痛、痔や下痢などに悩まされる人が多いようです。

今年は節電でエアコンの温度を上げて、あまり冷えないようにしているとはいえ、室温を上げてはいけない職種もあります。

こうした環境にいつもいると体は自然と慣れてきますが、その慣れは大変に危険で、体調の異常が段々と深刻になっていきます。

自律神経のバランスが乱れたり、免疫力の低下を招き脱毛症体質になる恐れがあります。

こうした体を冷やす環境は、腹巻や懐炉などを使用して、内蔵を冷やさないようにしましょう。

女性は子宮を冷やす環境は、特に危険です。

夜は必ずお風呂に入って、半身浴なども利用しながら内臓をよく温め、汗をかくようにしましょう。

汗をかくことは自律神経の副交感神経が優位になることで、自律神経の疲れを取ったり、バランスを整えることができます。

   寝室は湿気対策をしてカビの発生に注意しましょう!

 通気性や日光が入らない住まいは、湿気が多くカビが生えやすいですね。

特に日本の最近の住まいは、日当たりが良くても高気密性住宅が多く、日本のような湿度の高いところは、いたる所にカビがすぐに生えます。

エアコンや換気扇などもカビていることが多く、健康問題も発生します。

カビ菌を吸って真菌が肺に入れば深在性真菌症になる危険は、特に免疫力が低下している時は危険です。色々な原因から

寝室を北側の部屋にしている方がいますが、冬は部屋が寒いのは当然ですが、結露も出来やすくよほど換気に気をつけていても、窓枠などにカビが発生していることがあります。

寝具など、枕や敷き布団などをよく外干しをしていないと中がカビていることがあります。

こうしたカビ菌は皮膚病や脱毛の原因となることも考えられますので、室内の湿気の多い所の乾燥対策をしましよう。

寝室には空気清浄機の設置も考える必要があるかもしれません。

 

 

 

 

「世界発毛科学研究所」

ワールドヘアサイエンス

フリーダイヤル 0120-77-3911

メールでの問合せはこちらへ

発毛専門理学博士 伊藤勝文

http://毛髪相談.com/

http://女性の薄毛脱毛症.com/