2019.05.06

発毛アドバイス薄毛症状と脱毛症の施術治療・頭皮環境と腸内環境とは?日本人の食育!

深刻な薄毛脱毛症 

複合性の薄毛脱毛症の根本原因 !?

 複合性の薄毛脱毛症の治療 発毛のための頭皮環境!

腸内環境を良くしていることは、健康面や育毛発毛環境を考えるときにとても重要なことです。

便秘や下痢を繰り返している人は和食に切り替え、パン食を止めて、ご飯と味噌汁を中心にし、酢の物や漬け物などの発酵食品をいつも摂り、海藻類を食べるようにして、和食の食生活を基本としましょう。パンやラーメン、パスタなどの小麦食品ばかり食べていますとグルテンが腸にへばり付き消化吸収を阻害したりして腸に良くありません。

日本人は腸が長いので腸の病気が多いために日本人の主食はお米にしましょう。そして味噌汁に海苔、焼き魚や小魚(シラス)、玉子焼き、野菜のおしたしという和食が一番健康に良いのです。

そして納豆や納豆キナーゼを摂るようにしますと、腸内環境はいつも善玉菌が多い状態となり、免疫力の向上とともに皮膚のバリアー機能も向上して、細菌に侵されにくくなり細菌性脱毛症になりにくい頭皮状況が出来ると思います。

要するに細菌性脱毛の予防や発毛ケアをするときに腸内環境を善玉菌が多い健康な腸の状態にすることは重要なので是非とも納豆やナットウキナーゼを毎夜摂るようにしましょう。

納豆の匂いやネバネバが苦手な人は醤油を掛け刻みノリを振り掛けて食べると匂いなどが気にならなくなります。

納豆菌は高熱には弱いので、40度前後くらいまでの温度状態で食べるようにしましょう。

納豆の大豆が持つバランスの良いアミノ酸や大豆イソフラボン,大豆サポニン、ビタミン,ミネラルなどに加えて、納豆菌での発酵過程の中でビタミンB群やビタミンK2,ナットウキナーゼなどのタンパク質やビタミンがさらに加えられ「納豆」という素晴らしい健康効果を持つ食材ができます。

納豆菌にはナットウキナーゼの血栓融解作用の他に、血液をサラサラにして流れを良くする血流改善効果,腸内の善玉菌を増やし悪玉菌を減らす整腸作用(プロバイオティクス),カルシウムの吸収を促進して骨を強くする骨粗鬆症を予防する効果,そして菌の繁殖を抑える抗菌効果,抗酸化効果など多彩な健康効果があるといいます。

 

 

「世界発毛科学研究所」

ワールドヘアサイエンス

フリーダイヤル 0120-77-3911

メールでの問合せはこちらへ

発毛理学博士 伊藤勝文