2019.06.23

発毛アドバイス 薄毛や脱毛症の予防発毛 喫煙は頭皮が乾燥して育毛発毛環境に最悪!?

喫煙と脱毛症の関係は重大です!!

喫煙による毛髪のダメージは深刻です!

1.喫煙 特に未成年者は深刻な問題がでます

 成人の喫煙率は統計がありますが、未成年は喫煙してはいけないということもあり、どれだけの喫煙者がいるかは不明です。

まだ肺が成長しきっていない幼い肺に、タバコの化学物質は大きなダメージを与えます。

気胸など、肺に穴が空く病気はタバコが原因とも言われています。

興味本位や友達に誘われて喫煙を始めるようですが青少年期が喫煙を開始すると成人後に喫煙を開始した場合に比べて癌や虚血性心疾患などの危険性がより高くなります

肺がんでは、20歳未満で喫煙を開始した場合の死亡率は、非喫煙者に比べて5.5倍となっています。

厚生労働省によれば、吸い始める年齢が若いほどニコチンへの依存度が高い人が多くなるという報告が出ています

喫煙は癌の原因となる化学物質を直接身体に入れる行為であり、化学物質は一度体内に入ると自然には決して排泄されません。

体内脂肪や内臓脂肪、乳房などに蓄積されて、肺癌や乳癌、大腸癌他、癌になるリスクが高くなります。

肺にタールなどが蓄積して十分な酸素を身体に取り込めなくなれば、細胞に大きな支障が出ます。

抜け毛が多く徐々に薄毛になります。

低体温体質になり免疫力の低下を招き脱毛症になる危険が伴います。

喫煙は肺の機能を著しく低下させて、十分な酸素を体に送ることが出来ません。それによって毛髪をバサバサの乾燥毛にしたり艶や張りのない毛質にします。

喫煙は絶対にしないようにしましょう。

喫煙に関わらず受動喫煙の問題もあります。狭い室内で一人でも喫煙すれば副流煙が部屋中に十万して受動喫煙をさけることが出来ません。

主婦で喫煙していないにも関わらず乳がんや肺がんになる人は、ご主人や子供がヘビースモーカーで部屋で喫煙している場合があります。

ベランダで喫煙してもすぐに部屋に入っていれば、30分以上は呼気から煙が出ていると言います。

喫煙を止めても喫煙期間が長くなるほどタバコの発癌物質は50種類にも及ぶと言います。

「タバコの煙には、4,000種類の化学物質が含まれています。 その中には、何と200種類以上の有害物質が含まれ、発がん物質は50種類以上にのぼります! 発癌物質であるダイオキシン、ベンゾピレン、ベンゼンなどの有機化合物やニトロソアミン、一酸化炭素、シアン化水素、窒素化合物、アンモニアなどです。

ですから一刻も早く禁煙しましょう。

.女性の喫煙

 タバコの害でさらに問題なのは、吸っている本人はもとより、吸っていない周囲の人に与える副流煙による受動喫煙の問題があります。

駅や公共の施設では禁煙になっているところが多くなりましたが、相変わらず小さな喫茶点や食堂、居酒屋では喫煙が許されています。

1985年4月に日本専売公社が民営化され、日本たばこ産業(株)JTになりましたが、相変わらず株式の大半は財務省(旧大蔵省)が持っており、実質の経営は国がしています。

国民の健康をまもるのが国なのですが、独占事業で莫大な利益を上げている訳ですから、禁煙化に国が動く訳はないようです。

さて深刻な問題は未成年者や女性の喫煙者が増えていることです。

赤ちゃんを抱いて喫煙しているお母さんや、ベビーカーを押しながら歩きタバコをしている人も見かけます。

化学物質による健康被害は、身体に直ぐには表れません。しかし着実に化学物質はからだに蓄積していき、大量の活性酸素を発生させ細胞を傷つけて発ガン体質にしていきます。

特に子供達には副流煙により免疫力の低下や、身体に与えるダメージは計り知れません。

子供達の脱毛の一つの原因が、副流煙によるものもあると考えるべきでしょう。

また女性は皮下脂肪や乳房など脂肪組織が多く、化学物質はその脂肪組織に蓄積しますので、乳がんになる危険が高くなります。母乳からはダイオキシンが出ている人がかなりいるといいます。

喫煙者がたばこを吸い終えても、30分くらいは息とともに煙は吐き出されます。

喫煙者は円形脱毛や多発性脱毛になる確率は大変に高く、育毛や発毛ケアをしても喫煙者は回復が遅れたり、悪化することが多いようです。

また、細毛や薄毛の原因、そしてびまん性脱毛の原因にもなります。

髪に対してもまさに「百害あって一利なし」です。     

 

 

「世界発毛科学研究所」

ワールドヘアサイエンス

フリーダイヤル 0120-77-3911

メールでの問合せはこちらへ

発毛専門理学博士 伊藤勝文