2019.05.05

発毛アドバイス発毛のための頭皮の環境 育毛剤で薄毛になることもあります!?

 深刻な薄毛脱毛症 

複合性の薄毛脱毛症の根本原因 !?

 「育毛発毛のための頭皮環境!」 育毛環境を最悪にするもの

頭部常在菌の善玉菌を死滅させ悪玉菌を増やすもの

育毛剤

表皮ブドウ球菌、アクネ桿菌、黄色ブドウ球菌は頭皮のバリアー機能のためにとても重要な働きをしていますので、間違った育毛剤の使用はかえって薄毛をひどくしたり痒みが出たり、脱毛症を悪化させる怖れがあります。

テレビ通販などで盛んに育毛剤の宣伝をしていますが、いきなり使用するのはチョット待ってください。

育毛剤とはそもそもどういうものかご存知でしょうか?

宣伝では髪が生えるとか髪が増えるといいますが、育毛剤では髪は生えませんし、毛量も増えません。

育毛剤とは厚生労働省が薬事法にしたがって言えば、この厚生労働省が指定している成分を使用すれば、育毛剤として医薬部外品として販売できるとあります。

また、医薬部外品として販売するには、パラベンなどの防腐剤を必ず入れなければ医薬部外品として販売はできません。

化粧品業界やヘルスケア、健康を考えるところはこの石油から作ったパラベンを使用したくないという思いが強くあります。

パラベンは毒性は無い、パラベンで癌になったというデーターはないという人もいれば、厚生労働省が入れるようにと許可を出しているのだから大丈夫と言っている方もいます。

育毛剤は、毛母細胞の育毛促進と定義していますが、血流促進や頭皮の栄養くらいの成分が入っているだけで、私はこれで髪が太くなったり毛量が増えることはないと思います。

 それよりも髪を太くしたり毛量を増やそうと思うのなら頭皮のコラーゲンを増やすことが第一であり、それにはまずは食生活でコラーゲンをしっかり摂ることが重要です。

 事実、加齢とともにコラーゲンは減ります、頭皮の皮膚のコラーゲンが減れば細毛や毛量は確実に減ります。

美容に関心がある女性はコラーゲンを多く摂るようですが、やはり毛髪は美しく毛量も多くあります。

薄毛を解消するのは正しい育毛技術です。

そして、食生活や頭皮の育毛環境を正しい育毛理論の元で取り組まなければ増毛の結果は出ないと思います。

育毛剤の成分がはたしてご自分の頭皮や育毛環境に本当に適しているのか、お調べします。

円形脱毛症や多発性脱毛症などの脱毛症に育毛剤を使用すると育毛効果がないばかりか、脱毛症が悪化します。

なぜなら育毛剤の栄養成分が脱毛原因をさらに助長するからです。薄毛や脱毛症は一人ひとり症状や原因が違います。

市販品のものが適することはまずないと思います。

 

 

「世界発毛科学研究所」

ワールドヘアサイエンス

フリーダイヤル 0120-77-3911

メールでの問合せはこちらへ

発毛理学博士 伊藤勝文