2019.05.05

発毛アドバイス発毛のための頭皮環境パーマの影響とはどんなもの?

深刻な薄毛脱毛症 

複合性の薄毛脱毛症の根本原因 !?

育毛環境を最悪にするもの  

頭部常在菌の善玉菌を死滅させ悪玉菌を増やす

パーマ 

表皮ブドウ球菌、アクネ桿菌、黄色ブドウ球菌は頭皮のバリアー機能のためにとても重要な働きをしていますが、パーマこれら全てを死滅させます。

美しくなる美容行為が毛髪にダメージを与えたり、薄毛や脱毛症を引き起こすことになる恐れがあります。

そのもっとも危険な技術が染毛や脱色ですが、もう一つパーマもそうです。

パーマにも今は色んな薬剤が開発されていますが、毛髪にダメージを与えないことを中心であることには変わりがなく、頭皮にダメージがあるということはそのままのようです。

劇薬指定の化学薬品を使用すればして身体に良くない事は明らかです。

日本人は直毛の人がほとんどですからカールやウェーブに憧れるというか、ちょっと違ったヘアスタイルで変化付けて、おしゃれにしてみたいと思うことにより戦後流行したものです。

しかし、今はおしゃれでする方もいますが、薄毛や猫毛でボリュームが出ないのでふっくらとボリュームをつくる場合もあるようです。

一般にするパーマ液はチオグリコール酸アンモニウムを一剤として、固い毛髪のケラチンという毛髪の組織を切り、膨潤させるアルカリ還元剤の一液と、臭素酸ナトリウムを一液で切った組織を元に戻す酸化剤の2液として使用します。

でも難しい話は後にして、1液も2液も劇薬ということを忘れないでください。

1液が頭皮にもたらす育毛環境は、ほとんどの製品が15分以上頭皮や毛髪に付けておきますと、薬剤の化学変化で毛髪のケラチンタンパクや頭皮が破壊されてしまいます。

一度破壊された毛髪は2液をもってしても元に戻りません。時間経つごとに、洗髪などをする度に髪が切れてボロボロになって行きます。

箒(ほうき)の先のようにチリチリの状態になって、もはや何をしてもどうしょうもありません。

そして、頭皮は薬液の化学作用で化学火傷を起こします。これはカブレとは違い頭皮が本当に火傷のようなただれた状態になります。

皮膚が解けてしまいますから、酷い傷みが長く続き、何をしても痛みが取れません。

その後は1液の薬液がどれだけ長く頭皮に付けたままになっていたかで、毛根のダメージが決まります。

この治療法は化学物質の作用ですから、医学をもってしても治らないことが心配されます。

これによっての脱毛症は、化学物質の作用ですから、化学火傷が完治してから育毛発毛に取り組むことになりますが、化学物質の作用は回復が困難です。

こうした事故を起こさないためには、熟練の技術者によるパーマをすることです。

薬剤の怖さを知らない理・美容師が忙しさや不注意に、タイムオーバーをするかもしれませんので、やはり年に何回か事故が起きているようです。

そして、もう一つの脱毛症になる危険は、この薬剤で頭部常在菌の善玉菌が死滅してバリアー機能が破壊されていますから、細菌性の脱毛症になる恐れがあります。

 

 

「世界発毛科学研究所」

ワールドヘアサイエンス

フリーダイヤル 0120-77-3911

メールでの問合せはこちらへ

発毛理学博士 伊藤勝文